残念な事に今ではきわめて珍しい実例を例外として切手の店舗でカードでの支払いができる店はほとんど存在しないのです。このような事で、VISA、American Express、NICOSなどのギフトカードを駆使した間接的カードの方法は大半は実際には使うに近いでしょう。それではどういう手段を用いれば直接商品を買うのでないカードができるのでしょうか?というとその手段とは現代で皆知っている電子マネーという名称のPASMO、QUICPay、であったりSuica(スイカ)、WAON、nanacoなど。実のところ、電子マネー使用して遠まわしに使うカードをやってみることが可能になるのです。PASMO、であったりVISA Touch、nanacoなどはクレジットで取引することが可能な金券…Edy(エディ)、QUICPay、またはVISA Touch、nanacoなどに精通していない者から見てみたらぼんやりとハードな思いを持っているかもしれませんがこれらの電子マネーという物はたとえるならギフト券なのです。MasterCard、Diners clubなどの券と差はないのです。さらに電子マネーというものはクレジットカードを使って簡単に買い付けが可能なという事が特色だったりします。そういう電子マネーという物は近頃、コンビニを初めレストランや様々な店舗などなどにおいても利用できるようにもなっている。「このお店の品物の購入にはクレジットはご活用にならないでください」と貼り紙されているような店での支払いでもPASMO、またはSuica(スイカ)、nanacoなどを使用するなら使える時がいっぱいあるのです(カードポイントが確実に貯められる)。いわばカードが活用できない店だとしても段階を踏んでカードを用いる方法でクレジットポイント分をゲットしてもらおうという方法です。普通、買い物をするのみでは貯まらないポイントであるので何としても使用する事をやってみて下さい。