付帯保証目当てとか保有しているだけで利益があるクレジットカードであればまだいいのだが、所持する必要性もないし、費用まで生じるようなクレジットをもしあなたが持って捨て置いているのだとするとそのキャッシングは契約解除するほうが得と思います。その理由はカードを保有しているという事により、後で言うジャンルの懸案される事が起こってしまう危険が否定できないという根拠からです。いらないクレカ会費が出てきてしまう可能性が否めない…カードというものは持っているだけで会員費といった金額が生まれる類のものがあったりします。こういったクレカの例では1年間を全体で見ても一回も使用するという事がなかった場合においても無駄な費用が要ってしまう事もあるという根拠で、用いないクレカを所持し、放置するという現象が莫大なロスになってしまう事が多いのです。決まりきったことではありますが返却をしたら無駄な出費の出現は心配なくなるため、解約してもいいカードはすぐに返却してしまう方が安全だと見ることができると考えられます。さらに会費が必要ないクレジットカードの中にもカードを実用しないと費用がいるという特約された点が決められている種類もあるかもしれないという理由で、警戒した方がいい。